« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ブログ名、変更しました。

| | コメント (1)

今日で5ヶ月たちました。

 直腸がんで開腹手術から今日、5ヶ月たちました。 

 今のところ体調に大きな変化は無く、日々過ごしてます。 

 抗がん剤はUFT単剤にて経口で平日服用、土・日休薬で、2年間の予定。 

 今のところ4週間に一回の血液検査。 次回7回目の外来は12月11日、CT検査があります。 

 直腸がんと宣告されたあの頃と大きく変わった事は、自分の気持かな?がんだとわかって自分が死んじゃうんじゃないかって、ずっとおびえてた。死にたくないっていう気持が大半を占めてて、これからの自分がどうなるかって事しか考えられなかった。

 でも最近は悔いの無いように生きていければいいと思うようになった。      

 我が生涯に一片の悔い無し!なんてかっこよくはいかないにしても・・・・・

 今の気持の支えってさ、誰かを想ったり考えたりする事で、元気になれるような気がする。この病気にならなかったら、出会う事も無かった人や・・・・知り合えた事に感謝だってしてる。  

 以前よりは、少しだけ死を意識する様になった今は、 人の死に方みたいなものも考えるようになった。自ら命を絶ってしまう自殺や、ある日突然に起こる災害による死。当然病気で亡くなる人もいる。 今の私も、もしかしたらこの病気が原因で、死ぬかもしれない。  今までの自分の生き方みたいなものは考えてみたし、この先の事も考えなければならないと思ってる。  永遠の命がある訳ではないし、仮にあったとしてもお断りするけど・・・・・ 

 人間いつかは必ず死んでしまうんだもの、問題はそれまでの生き方と、死に方かな?

 生き方はある程度、自分に責任持てるけど 、死に方までは・・・・ ただ悔いの無いように与えられた命を生き抜こうと思う。   

 今現在は、体調に特に大きな変化も無く、検査の結果も特に問題も無いから思えることかもしれないけど、それでいいんだと思う。 

 具合が悪くなれば、またそのときにいろんな事考えればいい。       

  今は、こうして元気にいられる事に感謝してます。

| | コメント (0)

天気も晴れ!身体も順調!

 今日は退院後6回目の外来です。朝9時前に受付を済ませ、血液採取、『ちくっとしますよ』って言われたけど、ぜんぜん痛くなんかなくて、2本採血・・・・・ここまではいたって順調に来たのだが、ここから待つこと3時間、ようやく診察!

先生 : どうですか?ッて聞かれて、こっちが答える前に『調子よさそうだね』ってさわやかに言われた。

私  : 早くきすぎました?って

 忘れられたのかと思ってました。待ちくたびれました。とは言えず・・・・・

 私はただただ先生に会うためだけに3時間ずっと待ってました。

 血液検査は特に問題なし、ただ、今回腫瘍マーカーの検査結果が機械の調子が悪く結果が出てないとの事

主治医 : 多分大丈夫でしょう!って・・・・前にも書いたが、私は今回の直腸がんがわかった時も、腫瘍マーカーの値は高くなかったのです。なんかこれについても、主治医先生は、何か私に説明してくれたが正確に思い出せない。悪性腫瘍があっても、必ずしも、高い数値を表すわけではないこと。あくまでも補助的な診断法である事。今後再発、転移があった場合の為に検査は必要だという事らしい。

 肝臓の数値も、白血球も、問題なし、

 順調!順調!大変に良い事です。

 ただ毎回尿素窒素ここだけがLマーク。これもたいした問題はなさそうです。

 あと気になる事は?

 気になるのは体重です。と、書くとおでブちゃんを想像しますか?

 46歳だから中年太りを想像されるかもしれませんが、決しておでブちゃんでは無いと思います。ただ、ほんの少し、だけ、病気がわかる前より体重が増えてしまった訳です。

 手術が終わって、高カロリー点滴がとれ、自分で食事を取るようになって、どんどん体重が減ってしまいこのまま退院して大丈夫かと思うほど、体力もなく、鏡に映った裸の自分は、いったいどうなちゃうんだろう?何時になったら元の身体に戻るのだろうと心配してたのは、ほんの数ヶ月前の事、何時しか体重は元の体重を上回り、現在は2~3キロオーバーか?いや!もしかしたらもう少し・・・・・

  調子が良い証拠?・・・・・・・果たしてそうか?

  何とかオーバーした分だけは、減量しなくては・・・・

 それから短くなった直腸はその分近くの腸の協力体制が整いつつあるのか、気まぐれではあるが時々形の良いウンチを出してくれます。この時は感動です。しばらくはこのウンチの鑑賞タイムです。最近やっとマグミット錠の微妙な調整で、ウンチの形状を大分調整できるようになりました。

 それでも、まだまだ外出先でのトイレは緊張してます。

 今の私は 

 特に検査に大きな問題もなく、今を過ごしてます。

| | コメント (0)

ブログの趣旨みたいなもの

 秋晴れだったり、大雨だったり、今日もなんか天気が崩れそうだ。

 健康に感謝してたし、自信みたいなものもあったのに、病気になったが今は、とりあえず元気です。

 見た目病人とは誰も思わないと思う。
 

 私のブログの趣旨みたいなものは・・・・・・・
 

 何ヶ月か前の私のように、ある日突然にガンを宣告される。
そんな人がいたら、もしこの先が不安な人がいるのなら、今の私はこんなだよって事を知ってほしいな!
 

 この先の事は、私もわからないけど・・・・何歩か先を歩く私の様子を伝えたいと思う。
 
 同じ病気で辛い思いをし、辛い治療を頑張っている人もたくさんいるけど、私みたいな人もいる。MOMOちゃんや、みづきさんのように、自分の病気に、真正面からぶつかり、闘っている人もいる。私の前を歩く先輩たちには、元気になって欲しい。完全復活して欲しい。

 ひとり、ひとり顔が違うように、同じ病気でも違う。病気に対する考え方も、ドクターの考え方だって、私は外来の時に自分なりに得た情報を主治医に伝えた時、もし自分が私と同じ状況に置かれたとき、この治療方法で行くと言った。だからと言う訳ではないが、とりあえず私はUFT単剤で行く事にした。いろいろ健康食品とかあるし、ガンだというと、良いもの紹介してあげるとか言って薦めてくる人もいるけれど、それよりかは体力、体が動く以上は働く、適度のご褒美のビール!だって飲んだからって、調子が悪い訳じゃない。ガンだからってやっちゃ駄目なんて事は無い。自分の身体だ!体調が悪ければやろうと思っても無理、今は仕事も出来るし・・・
  

 時々は、どこか、少し調子が悪かったりすると直ぐにガンに結びつけて考えてしまうけど、
 

 今は、曇りのち晴れ時々雨、時々晴れ、たまには晴天! みたいなはっきりすっきりしないお天気みたいな私の心!
  

  病気になっていろんな事考えた。当然、今だって、不安でいっぱい。でももし今あなたがこれを読んでくれて、みんな同じなんだって、思ってくれれば、
 

     じぶんも頑張らなきゃって思えるかも・・・
     

     私がそうであるように
 
 体調報告は13日外来があるので、そのときに検査結果も含め報告しようと思ってます。

| | コメント (0)

つぶやいてます。№2

寒くなってきました。そろそろこたつの季節です。昨日こたつ作りました。

 MOMOちゃんのブログで、命のリレーの放送があることを知り、昨日見ました。この人がMOMOちゃんか!とても、大きな病気を抱えているようには見えませんでした。

 子供たちにも問いかけた、命の質問。

 もし余命宣告を受けたら?

 私は、

 自分の事しか考えられない。周りのことなんか考えられない。

 冷静に受け止めることができるだろうか?

 その時になってみないとわからない。ただ、苦しんで、悩んだ結果、身体の自由が利くまでは、多分何かやらなければと、思うと思う。

 残された人生の締めくくりを、一人反省の日々には使いたくない。自分にできる何かを、形に残したいと思う、同じ病気で苦しむ人や、悩んでる人の不安を少しでも解消できるように・・・・痛みを堪えて、参加したであろう、リレー・フォー・ライフのMOMOちゃんを見て、勇気をもらった人はいっぱいいると思う。私もその一人である、私もMOMOちゃんと同じ、直腸がんである。彼女のHPにもあったが、

 同じ大腸癌でも本当に症状も効く抗がん剤も
一人一人全然違うんですよね。
分化型だって同じ大腸癌でも全然違う
進行も速度も同じ大腸癌で全然違う訳ですよね。
再発も転移もする人もいれば、しない人もいる。
例え原発ガンが高分化型だって転移しないと
言い切れない、それがガンなんです。
自分の細胞と話でもできないとこれから
先のことなんてわからない本当にやっかいな病気だな。
これじゃ~資料貰ってもここは私と違うなんて
思ってしまうんじゃ~ないかって。
その中である人が自分の病気は自分で
ちゃんと調べなくちゃいけないというお話を
していたんですが私もそう思います
。(MOMOちゃん記事のまま)

 同じ病気である以上、私にも当然不安はある。でも、どうなるかはわからない。そのために抗がん剤を飲み、定期的に医者にも通い検査を受けてる。だからって、完璧なわけじゃない。これから起こることわからないのである。先が見えないのは不安だよ。同じ病気の人が、具合が悪くなっていくって事は・・・・・・・

 でも、不安だからって、今できる事は主治医の言うこと聞いて、できる限り自分でも、情報を得る。明るく元気に前向きに・・・・・まだ起きてもいない事を心配したって仕方ない。

 痛いのも、辛いのも嫌い。ガンなんて病気がなくなればいい。

| | コメント (0)

つぶやいてます。

今日から11月!

あと2ヶ月で今年も終わりか!いつ頃からか、時がたつのを早く感じるようになった。

昨日税理士先生が来て何かの話のついでに、奥さんの話、うちのかみさんは出不精で一日家の中にいても、苦にならないようで・・・・猫といるのが良いんだって・・・・
この夫婦はまだ子供がない。
 お金の問題は別にしても、私は一日、家に居たらどうかなっちゃうよ。外にでて、いろんな人と話したいし、いろんな人にあいたい、一人ぼっちは、絶対に嫌だ!
 つい最近人の少し集まるイベントの会場で、この夫婦に偶然にあったが実に仲がいい。手をつないで会場内を歩く姿をうらやましく思った。私たち夫婦は結婚23年を過ぎました。私は22歳で結婚、主人は1才年上で、24歳の誕生日が来た最初の日曜日に結婚式を挙げた。翌年長男が産まれた。
 次男だったこともあり土地代を、主人の父親から出してもらい、主人25歳でマイホームを持った。周りから見れば結構順調な生活ライフ?
うわものだけの、借金ではあったが結構大変だった。収入も、少ないし、当然貯金もない。子供が生まれたばかりで私は働けないし、主人の給料だけでは・・・・さいわいにも、私にはまだ祖母がいた。大人になってからもこづかいもらって、何度も助けてもらった。私の二人の子供たちも、祖母に、義母に回りに、見守られ、助けられて、パートで仕事をする事もできた。
 今も、まだ住宅ローンの残りもあるし、ただ自慢できるのは、バブル絶頂期に支払い続けた変動金利の最高金利!9.01パーセント!
今じゃ考えられないね。

5年たてば楽になりますよって!言われた言葉は  おお嘘だった!
 それに我が家は主人の兄の連帯保証人で結構大変な経験をさせてもらっちゃって・・・!
 他人の言葉は安易に信用してはいけないと・・・・学習する。
今まで貯金など無縁!欲しいものは手に入れる。全く計算もなく将来の計画も無く生活してきた私たち夫婦!
ここで少し目覚めた。やっぱりお金もってなくちゃ!と、ここで学習する。

 バイトもした。皿洗い!手がパンパンになった。
6時間立ちっぱなしでただただ黙々と、皿洗って、重たい鍋洗って、何であたしがここまでやれたのか?とにかくお金・・・何であたしがって、こんなことまで出来たんだろうか?
ただ何もしないで結果を待つ事は出来なかったからだろう。ただ前にも書いたが、私が今働いてる事務所のボスは私の兄、だからバイトもできたのかもしれない。ここでも守られてた。
 貯める事、お金がいかに大事なものかようやく気が付いた。

 これがほんの数年前の事件である。
 
 ようやく落ち着いた思ったら、今度はこんなに頑張ったあたしが病気になった!

 まったく!次から次と事件がやってくる!
 
    でもずっと私守られてきたから・・・・

 一応 直腸がん日記なので私の身体の方の報告です。

 30日おっぱいの超音波検査を受けました。しこりの大きさも前回と変わらず、数は大小さまざま、ようするに、おっぱい全体にしこりがあり、ごつごつしているらしい。また半年後の予約を入れてもらう。

それから私の身体は、体重が増加傾向にある。食事の量もほとんど変わらない。やはりタバコを止めたからなのか?ウンチの回数はほんの少し減ったような・・・・・ただ、マグミット錠を飲まない時の話で、結局ウンチが固くなり肛門に負担をかけるので、薬を調整しながら様子見

あと、バナナ酢、カスピ海ヨーグルトこれは効果があるのか無いのかまだよくわからない。

やはり体重増加が気になるため、歩いて、走ってこれまた様子見  以上

 今は特に大きな問題も無い!

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »