« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

森の光物語(イルミネーション)

Morino_2 

 最終日、ギリギリ間に合い見に行ってきました。標高3000m級の北アルプスを望む自然豊かな癒しの空間、国営アルプスあづみの公園で行われる冬のイルミネーションです。信州・安曇野市に位置する広大な園内には約20万球以上の電飾が、キンと冷えた森の木々を温かく彩ります。冬の夜空に上がる花火、点灯しているイルミネーションを一瞬消灯し来場者が再点灯するイルミネーションウインクなど、ファミリーでもカップルでも楽しめる催しが盛りだくさん。信州・安曇野の冬の観光スポットとしてにぎわいましたが、本日終了、来年はぜひあなたも見に行ってみてはいかがですか?ただし暖かい格好でね!

Ariake_008

Ariake_006

Ariake_009

Ariake_012

Ariake_017

Ariake_025

Ariake_029

shineAriake_033

shine

shine

shine

shine

shine

shine

shine

shine

年女でスタートした2008年もいよいよ年の瀬、

  この一年も元気に頑張りました。正直申しますと、ほんのちょっぴり期待したこともありましたが、本年もどうやらお預けになりそうです。来年は多分、大変な年になるのではないかと思います。今年もみなさんこんなブログにお付き合いしていただきましてありがとうございました。明日は、娘を迎えに行きがてら、土岐のアウトレットへ恒例のお買い物、そうです、掃除もしないで・・・・

 どうぞ皆様良いお年をお迎えください。また、来年もがんばりまーす。!!

にほんブログ村 病気ブログへ 参加してまーす。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年最期の外来∩心の中

先日今年最後の外来日で病院へ・・・
 血液検査、造影剤を使っての腹部CT、腹部超音波検査
今回も、異常なしで、血液だって、Lも無ければ、Rも無し。手術後2年半無事に今年も終わりそうです。

 今回の超音波で 今までずっと言われてきた脂肪肝は霜降りの極上から、並になったらしい。 
 
 お酒も止めたわけではなく、運動もそこそこ、体重も夏はいったんは病気前の体重にあと一歩と近づいたものの、目標はクリア出来ず、変わった事は、7月に2年間飲んだUFTの経口がおしまいになった事、でも後で主治医は、関係ないと思うよってそう言ってました。でも、私は医者じゃないけど、きっと何らかの影響はある筈だと思う。だって、UFTも抗がん剤でしょ!
 
 どちらにしても、脂肪肝が改善されたのですから・・・・良しという事ですが
 
 アルコールも運動も適量で、またまた来年の目標も、“○キロ減量”は

 ノミネートされそうです。

 (心の中
 
24bit01

 詳しくは公表できません。が、心の中を少し見てください。

    私は、心の小さい人間なんです。
 
 こうしたらこうなって欲しいとか思ってる。こっちだって心の本音は無理もするし、我慢もしてる。そんな事も分からないで当然って顔されて・・・

 それが言えなくて、それが出来なくて・・・・大人でしょ! 

 自分の何に、自信持ってるか知らないけど、大切に思うことや、感謝しなきゃならないという気持ちは、やっぱりいつでも、忘れてはならないことだと思う。相手が誰であっても・・・
    分かってます、自分自身にも言えることなんだと 

 なんか、ここ数日、決定的な言葉で、結構、カチンと頭きてます。
  
 心の広い人間に・・・・いつも笑っていられたらいいのに、そんな人間になんかなれそうにありません。

 なんてついつい落ち込んでしまいました。が、何にも変わりません。また自分の中の汚い部分を再確認しただけって事か!・・・・今年もあとわずか、元気に頑張ってる自分に戻ります。
  
 訳分からない事をここで書きましたが、あなたに見てもらったことですっきりしました。
 
 では、あわただしい年末ですが、せめて心を穏やかに、この一年を締めくくりましょう。

にほんブログ村 病気ブログへ 参加してまーす。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

コサージュ!

 作ってみました! 師匠はもすもすさん 

 もすもすさんから型紙と作品をいただき、早速土曜日に作ってみました。

1111_012_2   

 材料は日本経済新聞です。

24bit01_3

   とりあえず手が痛くなったので今日はここで止めときます。

 コツも少しつかめたし、しばらくは、没頭しそうです。

 

にほんブログ村 病気ブログへ 参加してまーす。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »