« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

厳暑のみぎり

 毎晩暑くて、寝不足です。

  おまけに、暑さに狂うのか・・おかしな人間の出没でますます寝不足です。

依然口内炎に悩まされつつ、日々過ごしてます。

    そして

 あの頃には、想像もしてなかった年代にもうすぐ突入するかと複雑な気持ちです。

 この世に生まれて、半世紀・・・・振り返った自分はどうだったかな。後悔することも正直言っていっぱいあります。年代の節目って、やっぱり節目で、良い事、悪い事関係なく乗り越えなきゃならないような気がする。最も節目の年代でなくても、日々いろんな事が起こってますそれが生きてるって事なんですけど。

 10月には長男が結婚します。あの頃には、想像なんかしてなかった。この私がお姑さんです。

   なんか変・・・・

 そして、この結婚式に、私の母は出席できません。本当なら、母も・・・・

 今の母に私は分かるのでしょうか?少しでも、理解できてる?とてもそうは思えません。母が脳出血を起こしてから1年が過ぎ、母に楽しみってあるのだろうかと考える。昨日母のところへ行って、また来るからねって言った時、うなづいたような気がした。もう一度言ったら、うなづきは無い。食べる楽しみも、しゃべる事も出来ない、身体を自由に動かす事も無い、感情を伝える事も出来ない。ただ音には反応する。だから呼びかければ、声の聞こえるほうに顔を、目を動かす。私は亡くなった父の写真を母の部屋に持っていって母の目に入るようにしてある。たまにそんな写真の父に、迎えに来てあげてもいいんじゃないのって話す事がある。薄情な娘です。よく亡くなる時に人には迷惑かけないで死にたいって言うけど、私の母は、少なくとも、こんな娘だけど、娘の私には迷惑なんかかけてない。母が脳出血を、起こしたのも、自分の終の棲家が決まってから、お金だって今は全て自分の預金の中で支払いが出来てる。たまに私が行っても、痛いとか、辛いとか、寂しいとか、助けてとか、帰りたいとか、そんな事は絶対に言わない。そう、母は言いたくたって言えない。しゃべれないんですから・・・・目で訴える事も無い。

 だから、内心私はホットしてるんだと思う。なんか悪い娘かもしれない。母の姉妹は私にいつも、ご苦労だねって言ってくれるけど、本当は全然苦労でもなんとも無いんだよね。たまに母のところに行って、自己満足してるだけなのに・・・

 昔交通事故にあった時、私はほとんど無傷で、母が全て背負ってくれた。そんな事がありました。

           かっこいい事は言えても、私は自分が一番かも・・・

あの日

  助けてくれーって、心細い声で何度も言ってた。おしっこが出ちゃったって・・・・

  スタッフが優しくトイレに行こうねって・・・・

  心の中で思った、母じゃなくてよかったと・・・・・

私は元気でいたい。切に思います。こんな事も、あの頃には、想像もしていませんでした。

  

  

  

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »