« 2010年10月 | トップページ

短くなった直腸とお付き合いを始めて5年たちました。

ずいぶん久しぶりのUPになります。

このブログをはじめたきっかけは、自分が病気になったからです。

 そして 今日5年が経過します。がんの告知を受け、この先、自分はどうなるのか、そんな思いからはじめました。病気になって不安で不安でインターネットで自分と同じ病気の人を探し、自分がどうなるのか、又手術がどう行われるのか、情報がとにかく欲しかった。

私は直腸がんでした。

ステージは3a、リンパ節に一箇所転移があり、2年間UFTを経口で平日服用、定期外来で血液検査・超音波・CTの経過観察でした。

開腹手術によりお腹に大きな傷はできましたが、お腹の傷は何の支障もありません。病気自慢の勲章です。トイレの回数は以前に比べると増えましたが、5年も付き合えばそれも普通と思えるようになりました。何よりも今日のこの日があることを、あの日今の自分を想像できなかったのに、

    今こうして生きてるんですから・・・・

5年前を振り返ってみれば

自分では特に大きく具合が悪かった訳じゃない。でも体はサインを送っていた。飲んでも(私はビールが大好きです)吐いた事なんか数えるほどしかないのに少し飲んだだけで吐いたり、肩がすごくこった。普通に立ってることも辛いくらい肩こりがすごかった事、これも若い頃から(今も若いですが)遠視のせいもあって、肩こりには悩ませていたし・・・

数ヶ月前からの、たびたびの出血は気になっていたものの、勝手な解釈で自分を納得させていたのですが、でも何かおかしい。

それが、私の直腸がんと診断された自覚症状でした。

もしあのまま放っておいたら、今こうして居たかはわかりません。

あの日あの時、ちょっと勇気を出して、検査に行ったから・・・・今こうして居られます。

 

 短くなった直腸とお付き合いを始めて5、最初はなれないお付き合いも次第にうまく付き合えるようになりました。

 

 大腸の内視鏡の検査も済ませ、前回画面に映った黒いゴマ?(正体(実はキウイ)今回は検査少し前から食べませんでした。画面に映った腸はきれいに私には見えました。

先日、がん患者の一応の区切りでもある5年が経過する事もあり、定期外来最後の日でした。

それが、最後の最後で・・・・

今回CT初めて具合が悪くなってしまいました。

造影剤によるアレルギー反応を起こしてしまいました。検査後、点滴を打ってもらいその後超音波・問診をして帰ってきましたが・・・ものすごく心残りです。

本当は5年 ここで無事卒業で、しっかり先生にもお礼を言って帰ってくるつもりだったのに・・・・何か悔まれます。

今まで何十回とやってきた検査なのに・・・造影剤を打った瞬間、体が熱くなるのはいつもの事だったのだが、真っ先に唇が何か変でそのうちに手・足がしびれて、心臓がバクバク・ドキドキ

息を吸ってー止めて下さい。なんて言われて、頑張ってそのままにしてようと思ったけど、無理・・・

いつもと違う・・・・そのまま車椅子で処置室で点滴してもらった。優等生だった私が・・・・

この5年間の定期外来も、病気にはなったけど結構楽しみしてました。検査結果もいつも順調で、短い時間の中で病気の話なんかすることも無く無事クリアしてきました事、本当に良かったです。

私の人生は後どの位あるかわかりませんが、この先年齢を重ねるごとに今までこんな事無かったと思うような事が、一杯次から次とやってくるそうです。

覚悟していないといけないですね。 To be continued

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ